マージンコール、ロスカットってどういう意味?

マージンコール、ロスカットってどういう意味?

マージンコールとロスカット(損切り、もしくは、業者による強制決済を指す投資用語の一つですね)は、損失が大きくならないようにするための業者が行う取引ルールです。

損失が出ていても、損切り(投資を行う上では、リスク管理と同様に重要性が高いでしょう)が出来ない投資家は割と多いものです。 元手となる資金を作るために仕事を探している方は知らないと損する仕事探しノウハウ ネット検索にかからない優良求人情報の入手方法が参考になります。 とくに病院の看護師の仕事探しについてくわしくまとめられています。

特に初心者の場合は、もう少し我慢すれば相場が有利となる方に反転すると期待し、損切り(ロスカットともいいます。 株式、FX、不動産などの投資を行う際の相場用語です)が出来ずに損失を大きくしてしまったりするケースが見られるはずです。

その為、業者の方で予め定めていた基準の証拠金が不足した場合に、顧客に対して「マージンコール」を発生させます。

つまり、警告だと言われているんです。

マージンコールが発生すると、一般的には不足している証拠金を速やかに入金するか、または、現在のポジションを決済するか選択しなければなりません。

この際、不足した証拠金を入金しなければ、業者はポジションを強制決済します。

これが、「ロスカット(損切り、もしくは、業者による強制決済を指す投資用語の一つですね)」です。

現物の株取引の場合であるなら、損失が出ている場合は株価が回復するまで塩漬けにしておく事が可能ですが、FX(外貨を保有することで金利をもらえる可能性もありますが、逆に支払う可能性もあります)であるなら証拠金(いざという時の担保ですが、損失が出た場合にはここから引かれてしまいます)が不足してしまったりするとポジションを持ち続ける事はが出来ません。

ただ、業者側のこういう仕組みがあるお陰で、ロスカットされるのが嫌でリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)管理を行うようになりますし、むやみに損失を拡大させる事もなくなっているのです。