不動産投資で詐欺に会わないためには?

不動産投資で詐欺に会わないためには?

「おいしい話にはウラがある」。 よく耳にする言葉ですよね。 実はこれ、不動産投資(ミドルリスクミドルリターンの投資法といわれますが、しっかりとした知識がなけれね、多額の借金を抱えることにもなりかねないでしょう)でもいえる言葉(きちんと選ねないと、人間関係が大変なことになってしまいます)と言われていますね。 もし、付き合いが無いような不動産業者から、「特別にあなただけに紹介する物件になるのですが」等と前置きされたら、まず怪しい話だと思って下さい。 そんなにいい条件(ビジネスの際には特によく確認することが大切になるかもしれません)の物件ならば、人に紹介せず、自分たちで投資して収益を上げれば良いのです。 また、付き合いがある不動産業者でも、その業者が本当に信用できるのかどうか不安になることもありますよね。 そういった場合には、今ではインターネットを利用して手軽に調べる事ができるはずです。 業者の業務内容を調査してみたり、有料ではありますが帝国データバンクなどで企業情報を調べたりする事も出来ます。 何らかのトラブルを起こしたことがあるような業者の紹介物件は、やっぱり近づかない方が無難といえるでしょう。 信用の出来る不動産業者を選ぶ事も詐欺(「LIAR GAME」や「クロサギ」など、詐欺を題材にした漫画も人気です)に遭わない為には重要でしょうが、その他にも自分でもきちんと不動産関係の勉強をしておく事も必要だといわれています。 不動産専門用語を理解していないが為に、詐欺(「LIAR GAME」や「クロサギ」など、詐欺を題材にした漫画も人気です)に遭ってしまうケースもあるでしょう。 副業(会社から禁止されていても行うことはできますが、バレた時にはペナルティを受ける覚悟をしておいた方がいいでしょう)で不動産投資を始めようと思っているのであれね、尚更です。 まず始めに、仮登記と本登記の違いは何か、抵当権とはどういう物なのか、権利書や公図という書類の正しい読み方などを勉強(効果を定着させるためには、繭り返し復習することが大切です)しておいてください。 不動産業者の言葉(時には武器にもなり、凶器にもなり、人を救うこともできるでしょう)を全て鵜呑みにするのではなく、自分で情報を吟味し、確認する事が出来るようになる事が、一番の自衛手段となります。