腋臭の人を傷つけずにワキガだと教えてあげるには?

腋臭の人を傷つけずにワキガだと教えてあげるには?

自分がワキガ(ごく稀に、このニオイが好きでたまらないという方もいるそうです)と知った場合には、ほとんどの人が大変悩むかもしれませんね。 特に、欧米人と比較すれね、多少の臭いに敏感でワキガ(ごく稀に、このニオイが好きでたまらないという方もいるそうです)体質(遺伝や環境にも左右されますが、本人の努力次第で変えられることもあります)の人口比率が少ない日本人は、ワキガ(遥か昔には、畭性を惹きつけるフェロモンとして役立っていたようです)に対して非常に神経質(細かいことを気にする価値観を他人にも押し付ける場合に使われることが多いようです)だと言わざるを得ないのです。 それ故、自分がワキガ(日本では特に神経質に気にする傾向がありますが、欧米社会ではあまり気にしないのだとか)だと知った場合には、大きなショックを受け、大いに悩んでしまいますね。 むしろ親友や恋人なんかの身近な人がワキガ(腋臭症ともいわれる腋窩の汗が独特の悪臭を発する症状のことです)だった場合、相手に知らせれば悩むのがわかっているだけに、なかなか伝えるのが難しいでしょう。 ワキガ(アポクリン腺からの分泌物や分泌畭常などが原因だと考えられています)の臭いは本人は気づかないといわれており、人から指摘されなければ自分自身は全く知らないと言う点もしねしねありますよね。 両親ならワキガ(ごく稀に、このニオイが好きでたまらないという方もいるそうです)であることをしっているケースも多いものですが、子どもが傷付く事を恐れて伝えられないと言うことも多いようです。 そうはいっても、知れば傷つきますが知らなければ後にもっと傷つくかもしれませんね。 知っていれば自分でも色々な対策を行えますが、知らなければ無対策で過ごしてしまうはずです。 しかし、どんな伝え方にしろ、やっぱり本人はある程度傷つく事でしょう。 実際、ワキガ(日本では特に神経質に気にする傾向がありますが、欧米社会ではあまり気にしないのだとか)の方たちも、やはり伝えられた時にはショックだったと口を揃えます。 かと言って、それが自分のためなのだと分かった時には嬉しさも感じるだと言えるのです。 対策方法などを予めしらべて同時に伝えたり、対策グッズをそっとプレゼントするのも相手に気持ちが伝わりやすいかもしれませんよね。 言葉もじっくりと選び、「ちょっと臭うことがある」等と思いやりの心で伝えてあげましょう