近視と老眼は違うもの?

近視と老眼は違うもの?

日本人(なんだかんだいって、けっこう恵まれているのかもしれませんね)に多い視力の不具合といえば、圧倒的に近視と老眼(早めに対策することで、症状が出るのを予防したり、遅らせたりすることができるでしょう)と言われていますね。 老眼は年齢とともに進み、誰でも必ず起こる現象です。 ですので、高齢化社会の日本では、老眼(眼の老化により、手元がみえづらくなります)率も大変高いと言えます。 同様に、日本人(外国の方からみると、おかしいと思うことがよくあるみたいですね)に近視が多いというのは世界的にも知られていますね。 昭和時代にアメリカで定着した「日本人(外国の方からみると、おかしいと思うことがよくあるみたいですね)=勤勉・メガネ(近年では、びっくりするくらい安くなりましたよね)」と言うイメージは、あまりにも有名ですね。 近年では、圧倒的にコンタクトレンズの人が多い為に、メガネをしてる人は減っているみたいですが、近視率はむしろ増加していると言えます。 近視も老眼(早めに対策することで、症状が出るのを予防したり、遅らせたりすることができるでしょう)も、日本においてはその疾病率が大変高いというのは同じですが、その症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)や原因は全く違います。 近視はちかくのものに焦点が合い、遠くの物がぼやけてしまう症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)で、子どもの頃に発症してしまうことが多いことで知られています。 それに対し、老眼(早めに対策することで、症状が出るのを予防したり、遅らせたりすることができるでしょう)は近くのものに焦点が合わせづらくなる症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)です。 老化によって眼球の筋力(意外と簡単なトレーニングでつけることができます。 ただ、負荷の掛け方やフォームには注意した方がいいでしょう)が衰えて、焦点が合わせられなくなる症状で、一般的には40歳台くらいから発症する人が多いようです。 また、老眼(シニアアイと呼ぶこともあるでしょう)になったならね近眼が治るかっていえね、けしてそういった事はありません。 老眼(二十代頃から徐々に始まっていて、四十代から六十代頃に自覚するといわれています)になっても近視は直らず、遠くの物がよく見えるようになるという事もないのです。 このため、「遠近両用メガネ」と言う物が存在しているのです。 本を読むなど近くを見るときは視線をおとすことが多いので、メガネ(目が疲れにくいパソコン用のレンズも人気のようです)の半分から下は老眼用レンズ、メガネ(壊れにくいとか軽いとか、色々な機能のものが増えています)の上半分は遠くをみるための近眼用レンズとなっています。