近視になる原因とは?

近視になる原因とは?

近視は小さい頃に発症してしまうケースが多く、近視=ガリ勉というイメージも強くありました。 夜遅くまで長時間勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)をしていると、近視になりやすかったからだといえると思います。 また、以前は漫画やTVが原因と騒がれた時代(最近では、平成生まれの人も珍しくなくなりました。 年号が変わるとすごく昔のような気がしますね)もありました。 現代では、テレビゲームやパソコン(アメリカのインテル社のCPUが八割くらいの確率で使われているそうです。 まさに、「インテル入ってる」ですよね)が大きな要因だと言えるのです。 近視は遺伝的要素も強く、先天的に極端に視力が弱いという方も存在します。 しかし、そこまで酷い状況ではなくても、親が近視だとその子どもも近視になる確率(可能性が低いのに起こると、奇跡、ミラクルなんていいますよね)が大変高いのは事実です。 このように、近視には遺伝的要素も大きく関係しているのですが、やはり一番大きな要因は環境ようですよ。 特に、長時間続けるテレビゲーム(携帯型ゲームと併せて、コンシューマーゲームということもあります)は、疲れ目からの近視を引き起こしやすいです。 それに、仕事やプライベートでの趣味として利用するパソコン(アメリカのインテル社のCPUが八割くらいの確率で使われているそうです。 まさに、「インテル入ってる」ですよね)やスマホ(スマートフォンの略で、高機能携帯電話と訳されることもあります)なんかも疲れ目の原因となり、ドライアイや近視を引き起こす要因といわれているのです。 疲れ目が視力低下(ヨーロッパでは、視力を小?ではなく、分?で表すのだとか)を引き起してしまうことは昔から知られていて、特にパソコンやテレビゲーム(携帯型ゲームと併せて、コンシューマーゲームということもあります)のように一点を凝視し続けるような作業では、瞬きの回数が減少しドライアイも引き起こすと言われています。 作業に夢中になるあまりに、画面に食い入る傾向は大人(思春期の頃は、ずるい、汚い、ああはなりたくないと思ったりもしますが、気がつくと自分もいつの間にかそうなってしまっていたり)も子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)も変わりないのです。 そのために、近年、大人になってから近視になる人も増える傾向があると言われており、近視の人口はますます増え続けていることでしょう。 本来、テレビゲームやパソコン(アップル、デル、NEC、富士通、東芝、ソニー、パナソニックなどがメーカーとして有名ですね)作業は「1時間ごとに休憩を」と言われているんですが、なかなか現実的には難しいですよね。