電話で吃音がでないためには?

電話で吃音がでないためには?

吃音症(近年では、「英国王のスピーチ」が吃音症をテーマにした映画として有名ですね)の人達に取って、電話と言うものは特に不得意なものの一つに入るのではないでしょうか。 電話で吃音が出ないようにしますからに、真剣に努力行う方 が多いと思います。 電話で吃音が出ないのでの工夫は色々考えられますが、最も大切な事は出来るだけリラックスできる状態を作ることによりす。 その為には、吃音が出てもかまわない、と開き直って見る事も必要かもしれません。 ?多くの吃音者が苦労するのが、最初の挨拶、ご自身の会社名や名前を言う、呼びだしてもらう相手の名前を言うなどかもしれませんよね。 これは吃音の対策の一つである、言い換えをすることが困難なからです。 ですので、その場では、多少の自分が言いやすい枕詞をつける、少しタイミングをとる為に「えー」「あのー」などと言った言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)をつける、紙に書きながら言う、身体でタイミングを取りながら言うなどといった工夫をしてる人が多いんです。 中には、会社で電話オペレーター(近年では、人件費が安い地方にコールセンターがあることも多いのだとか)の部署に配属され、考える間もなく次々と電話応対をしているうちにすっかり慣れて吃音が無くなったという人もいます。 そこまでではないとしても、場数を踏むことはやっぱり非常に有効な改善策です。 トレーニング施設や知人に頼むなどする事によって、常日頃から練習(最後はどれだけやったかが自身に繋がるのだとか)してみるのもいいかもしれません。 また、最終的に電話で大切なのは話の内容です。 要件さえ伝われば、吃音があろうとなかろうと、相手はそんなに気にしていないかもしれませんね。 どもってもいいや、くらいの気持ちで落ち着いて話せば、自分で思っているほど、事は深刻ではないだと言えるのです