パッティングを極めるには?

パッティングを極めるには?

ゴルフにおいて、各コース共通することがあります。

それはパッティングです。

いくらグリーンに少ない打数でのせたとしても、パッティングが上手でなければ、打数を費やしてしまいます。

それでは、パッティングを極めるコツってなんでしょうか?

・距離感
・技術

まず、距離感ですが、これは重要です。

これがうまく把握できていないと、いくら技術があったとしても打数を稼いでしまいます。

しかし、この距離感というのは個人差がありますので、それを習得するにはやはり練習しかないでしょう。

練習においてつかんだ距離感を物差しにして、ボールとホールの距離を測ります。

また、パッティングは決して腕力だけで、打とうと思わないでください。

体全体で送る感覚でパッティングしましょう。

次に、技術ですが、これは確実にボールをホールに入れる技術です。

これが苦手な人って、ボールとホールを点としか判断してないんですよね。

そうではなく、ボールの位置からホールまで線があるとイメージします。

そして、その線の上を打つ感覚で打ってみましょう。

パッティングのコツを2つ紹介しましたが、これらを習得するにはやはり練習です。

とにかく、体が覚えるまで練習しましょう。