ゴルフの基本ルールって?

ゴルフの基本ルールって?

そもそも、ゴルフの基本ルールってなんと言われているようです?

・基本的なルール
・コース

この二つに分けてご説明していきますね。

まず、基本的なルールとはいえ、スタートからドライバーやアイアンなどのクラブを用いて、止まっているボールを打ちます。

グリーンと言ったゴール地点にある穴に、いかに少ない打数でボールを入れるかを競うスポーツです。

1試合は、普通18ホールで構成されていて、この合計打数で勝敗を決めます。

合計打数を競うルールのほかに、ポイントを争うルール、マッチプレイというのもあると思います。

次にコースになりますが、始めてすぐはボール(ある意味、消耗品ですが、大切に使えね長持ちするでしょう)を打つ場所をティーグラウンドというのです。

ここで打つ第一打は、ティーの上にボール(ある意味、消耗品ですが、大切に使えね長持ちするでしょう)を乗せます。

グリーンは芝生になっていますし、ゴールを意味しているのです。

ここにはどこにいてもグリーンのスペースが分かるように旗が立っており、先述のように、グリーンの中に存在している穴にボールを入れれば、そのホールは終了です。

また、ティーグラウンドとグリーンとの間にあるのが、フェアウェイとラフです。

フェアウェイは芝が整備されていて打ちやすいですが、ラフは芝が伸びていて打ちづらいと言う特徴があります